オリエンタルモーターのステッピングモーターをマイコンから制御することを目指して現在作業中です。
使用しているモーターは、AZM66AK-TS30で回路(ドライバ)にAZD-KDを使用しています。

公式サイト:AZ66AKD-TS30

ドライバには3種類が存在し「位置決め機能内蔵タイプ」「RS-485通信付きパルス列入力タイプ」「パルス列入力タイプ」を用途によって使用します。
今使用しているドライバは「位置決め機能内臓タイプ」のため、外部のI/O(Input/Output)により制御を試みています。

ドライバにIOポートがあり、そこに24V信号を与えることで制御ができるようです。

単純に24V信号を与えてみてドライバのNo.0に記録された動作をすることの動作確認はできました。

オリエンタルモーターさんでは公式で接続の動画も出しており参考になります。
AZシリーズ 位置決め機能内蔵タイプに関する動画一覧

動画ではI/Oは単純にスイッチで行なっていました。これを複数接続して、スイッチングをプログラムで制御します。
しかしマイコンは5V系のため、トランジスタ等で簡単に回路を組み24V信号のON/OFFスイッチングができるようにすることが必要なようです。

なにをするかが明確になったので引き続きマニュアルやデータシートとのにらめっこが続きそうです。